ホーム > ブログ > Scratchで☆アダムズ方式☆
2016年03月24日(木) [日報]

Scratchで☆アダムズ方式☆

  • facebook 0
  • twitter
  • 友だち追加

今、衆院選挙制度改革で話題となっている「アダムズ方式」
 
都道府県のそれぞれの人口をある数で割り、出た商の小数点以下を切り上げて定数を決めるというこの方式(出典 コトバンク)を使い、平成27年国勢調査の人口速報集計(出典 総務省)をもとに、小選挙区の定数を現行(295議席)より6議席削減すると仮定し、Scratchで、各都道府県の議席数を出しました。
 
IMG_20160324_210424
 
棒グラフは、上は北海道から下は沖縄まで、47都道府県が並んでいます。
左側が 平成27年国勢調査の人口速報(出典 総務省)をもとに アダムズ方式を用いたグラフ。
比較のため、右側は 2014年12月14日に行われた第47回衆議院議員総選挙の結果をグラフにしました(アダムズ方式ではありません)。
赤く色が変わっているところは、前回の定数より増減がある都道府県です。
 
IMG_20160324_210513IMG_20160324_210456
 
あらかじめ 議席数のリスト(empty)を用意し、各都道府県の人口を別のリストに入れておきます。そして各都道府県の人口をある数dで割り、余りを切り上げたものを足していき、累計が289になるまで繰り返します。dの値が出たら、先ほどの議席数のリストは、各都道府県ごと47まで 埋まっています。そのリストを用いて左側のグラフを作成しています。
 
IMG_20160324_211042
 
「都道府県ごとの議席数(289議席)」、「2014年12月14日総選挙時の議席数(295議席)」、「平成27年国勢調査の人口速報集計による各都道府県の人口」のリストです。

 
 
☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚
 


プログラミング教室 受講生
電子工作教室 体験受講 
募集中です(*^-^*)


子どもプログラミング教室をご参照ください!!!

電子工作教室は、体験受講募集中です。
土曜、日曜日の午前中に行っております(要予約)

ご関心のある方は、ぜひお問い合わせを(#^^#)

 
☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:


長岡京コワーキングスペース(京阪間)
長岡京市開田4-2-9 ヘルプビル3F
(長岡自動車教習所前)
● 阪急電車長岡天神駅より徒歩2分
● JR長岡京駅より徒歩15分
フロアマップ